ナガナガト act1

実は私日々のブログ的なものを描き続けるのが苦手でして、いつもこのブログに何を書こうかと悩んでしまっています。

だから少しでも読んでくれたひとの役に立つことを書こうと思っているんですが、まーそろそろネタも尽き始め、どうしようかなーと思っていたら、普段の施術の風景を描いてみようかな~と思ったわけですよ。美容師の仕事や手順に詳しい人も、そうでない人も「へ~そんなことしてんだ」的な反応でいいかな~と。たまに長文シリーズを「長々と」書いてみようと思います。

まず私はくせ毛をどうにかするのが好きなんです。どうにかってーゆうのは、もちろんストレートにすることもだし、ウェーブにすることもですね。とにかく現状クセが邪魔しておさまらない髪の人が帰り際にニコニコ笑顔で帰るのが楽しみなんです。もちろん全てが成功するわけじゃなし、思い通りにならないこともある。でもその出来事が次のデータになり膨大な経験値になる。同じ間違いはしないように、過去の事例を頭の中でぐるぐると検索する。そして施述に入る。

まあ、めっちゃあたりまえ。これからいくつかの例を毎回取り上げていって、少しでもくせ毛の人が生活しやすく、そして美容室で失敗しないようにされる側も知識を持って、オーダーできるように役に立てればありがたい。

今日は文字数が残り少ないので、日常のストレートアイロンの使い方について注意事項。

ストレートアイロンで根元から毛先までス~とまっすぐにして毛先だけそのアイロンでクルンとカールさせる人いるんじゃない?そのやり方アイロン次第ではそのうち縮毛もパーマもかけられなくなる可能性が!アイロンのプレート(熱くなるところ)の部分をグッと手で押してみて。もちろん冷たい時にね。プレートが押し込まれるように動くものと、全く動かないものがある。動かないものを使ってる君ハイOUT!そのアイロンではカールを作ってはいけません。やばいことが起こります。動いた人プレートを立てて見たときに上下に動くものと左右に動くものがある。上下の君はOUT!この技術に使っていいのはアイロンを立てて見たときに左右に動くものだけです。
それ以外のアイロンでプロの真似事をしていると。。。