ナガナガト act6

最近巷で話題の『酸熱トリートメント』ってご存知ですか?

これはちょっと面白いもので、いろんなメーカーからグリコール酸タイプ、マレイン酸タイプ、グリオキシル酸タイプ、レブリン酸タイプの4種類が出ています。それぞれ特徴は多少ありますが共通して言えるのはスッゲー艶がスッゲー続く

良いところ
かなりしっかりした艶が1ヶ月以上続く。メーカーによっては3ヶ月と言っているところもある。手触りはつるっとした印象で水分をキープできる感じ。しっとり感はあまり感じないがカラーとの組み合わせでカラーのダメージを大幅に減らすことができる。細毛で艶のない人はハリを実感でき、ダブルカラーでブリーチを伴うメニューとの組合せはかなり良い結果が出る。シルバーアッシュ系のカラーなどはかなり綺麗な色合いが期待できる。細毛の人なら多少クセが伸びる

微妙なところ
コストが高いためメニューとしてはかなり高額。一般的なトリートメントのようなしっとり感があまりない。工程が多いため時間がかかる。施術後12時間~24時間の間に髪を濡らすと嫌な匂いがする。カラー後にすると色が落ちるのでカラー前にしかできない。

と、良いところ微妙なところありますが個人的にはかなり良いものだと感じました。特にブリーチしてからのダブルカラーは色味、艶、いい感じです。カラーの前にするタイプなので、ブリーチのダメージが飛躍的に減少した印象です。今回実験したスタッフによると濡らした時に感じる臭いは強めのカラーの残臭に近いそうです。髪の長さによっては、グリオキシル酸タイプは使えない場合があります。トリートメントの工程にアイロンがあるためです。