ナガナガト act9

皆さんこんにちはピュアメイクシゲルです。
今日はピュアメイクで今現在一番人気になったメニュー「ピュアメイクガタドリツイタモノ」についてちょっとお話ししてみましょう。まぁ皆さん一瞬読みにくっ!って思ったでしょう。実際このストレートが完成した時どんな名前にするか色々考えたんですが、やっと納得できる仕上がりになった安堵感や、つるつるの脳みそを使い果たした後だったためメニューの良さをわかりやすく、お伝えする言葉が出てこずだいぶ適当につけた名前です。
それはさておき、(おくんかいっ!)一般的に縮毛の薬剤はチオグリコール酸かシスティン、システアミンこのいずれかで髪のクセ毛としての結合を切断してストレートにします。しかし薬剤によって切断できる結合が実は違うためクセの質によって最悪のケースの陥ることもあります。そのリスクを極限まで下げるためには、上記の3つの成分よりも穏やかで且つ特徴的な切断の仕方をする成分3つを同時に使用します。
残念ながら内容は企業秘密!上記の3つよりはるかにパワーの無いものをあえて使い、それぞれの特徴をうまく利用、お互いがカバーしあい結果を出します。
もちろんどんな髪にでも会うわけじゃ無いですが、よほどな例を除けばこの方法で大抵の髪はつやつやの髪に生まれ変わります。この方法の応用でストカールも可能です。
昨年からこのメニューを導入してあっという間に人気メニューになった理由として、そのほとんどの方が新規でご来店でした!そしてその後カラーやトリートメント、ヘッドスパで再来店していただいたことから、メニューへの満足感を感触として知ることができました。
現状で感じるその後のお客様は今までよりクセが伸びたのが気にならなくなった、という声や、傷みが気にならないので短いスパンで利用が怖く無いなどのお声をいただいています。
重要なのは「優しいお薬」とい言葉にどんな裏付けがあるかということ。
メーカーがそううたっているからでは使う側の理解には繋がりません。
まずは我々美容師が今触っている髪の毛の中の見えない世界を想像しながら施術できているかどうかとういうことまでが今回「ピュアメイクガタドリツイタモノ」だと思っています。